2003年の梅と酒

 6月20日に梅の実『白加賀』が到着して材料がそろいました。4,650gありました。
梅の実は全部を白加賀にしたかったのですが足りない分はスーパーで南高梅を買ってきました。
梅酒は白加賀じゃないとね。
梅酒、梅ジュース、梅味噌、梅しょうゆを作りました。2003年漬込み一覧はこちらです。
上のメニューからそれぞれの記録をご覧ください。

 碧い宝石です。
 実は一番大きい3Lサイズ。
 香りをお届けできないのが残念。
 画像をクリックすると大きい画像
 がご覧になれます。

   この保存ビンが一番使いやすい。
 とってをネジでかしめるタイプです。
 4Lサイズ梅の実1kg用です
 漬込み中もシーズンオフも保存ビン
 収めておくのは2Lのペットボトルが
 入るダンボールです。
 

   左が富久錦、真ん中が千代乃峯。
 白加賀との相性はいいですよ。
 梅酒用日本酒です。
 日本酒で梅酒を漬ける効用は色々
 あるようですがうまいのが一番。
 

2003年の感想と2004年への伝言など・・・

   2003年ものは梅の酸味を堪能したというのが実感です。漬込みしたのが2002年は5/26、2003年は6/22〜23で

1ヶ月遅かったのと糖分をハチミツから氷砂糖に変えたというのも影響しているかもしれません。

保存ビンをゆするのもちょっとサボり気味でしたね。2004年は気温とお天気も控えてみようかなと思っています。
野菜不作の今夏もファーム吉野さんのホームページ掲示板を見ると梅の注文が殺到、一時受注をストップするほど
だったそう。不作なんて関係なし!今年もうまいっ!梅酒ができました。2003年もの(3)の梅酒を居酒屋の店長に
味見してもらう機会があり『この梅酒をウチの店に置きませんか?』と言ってくれました。うれしかったです。
なかなか更新しない『梅と酒』にたくさんのアクセスありがとうございました。これが2003年の一番の反省点です。

お天気雨、気温26度、震度1の8月14日  梅と酒あるじ hagi7