2005年の梅と酒

2005年の漬け込み一覧はこちらです。

   昨年は10kg漬けてちょっとしんどかったので今年は少なめです。
 新潟の梅、藤五郎(とうごろう)、山口県岩国市の酒、五橋ごきょう)です。
 生来ののんびり屋、梅を注文しようと思ったときは白加賀の受注が終了してました。
 五橋は酒粕パックで検索しているときに偶然ヒットしました。
 初めての材料でどうなりますか。 


     


  この梅、泣かされました。ヘタの取りにくいこと・・・
 竹串の先はすぐ折れる、取れないから実を突き刺してしまう。あ〜ナンギやなぁ。
 梅を洗った翌日に梅の香りが充満した状態で漬け込むのがいい気分なんですが・・・
 全然香りがしない。
 なので漬け込みを1日延期、すると・・・
 Σ(゚д゚lll)ガーン 重量が減っている。
 洗う前は2,045gあったのに1,830g。ショック ショック ショック ショック
 電話注文したときに 『この梅は皮が薄くて梅酒に向いてるんですよ』と聞いたので
 そのへんに期待。
  梅酒用日本酒 五橋は2005年5月17日に新発売になった酒です。
 純米酒ではないので切れ味を楽しみにしときます。一升ビンも凛々しいお姿ですこと。
 今年は途中で力尽きないように、2004年分も残ってるし。
 ではではでは。